行動計画

社員の働きやすい職場環境を確保する為、以下の対策を行う。

1.計画期間 令和2年4月1日~令和4年3月31日まで

2.内容

目標1産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育児休業中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。(1. 雇用環境の整備に関する事項-(1)のシ)
<対策>
・令和2年4月~ 法に基づく諸制度の調査
・令和2年7月~ 制度に関するパンフレットを作成し社員に配布する
・令和3年7月~ 管理職の研修を行い、育児関連制度を利用しやすい環境作りを行う

目標2令和4年3月までに、年次有給休暇の取得日数を一人当たり平均年間17日以上とする。(2. 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備-(2)のイ)

<対策>
・令和2年6月~ 休暇取得の実態把握
・令和2年10月~ 休暇取得促進のための措置検討
・令和2年12月~ 年休を取得しやすい環境づくりを行う
・令和3年4月~ 年休取得予定表による取得促進

目標3配偶者の出産休暇(2日)の取得促進(1. 雇用環境の整備に関する事項-(1)のイ)

<対策>
・令和2年5月~ 配偶者出産休暇の取得状況調査
・令和2年10月~ パンフレット作成
・令和3年1月~ 管理職に対し取得促進について説明し、管理職から対象となる男性従業員への働きかけ実施